脱毛サロンとエステの違い

脱毛サロンとは

近年、ムダ毛を専門的に処理する脱毛サロンが増えてきました。大手のエステから脱毛を専門に行っているサロンまでさまざまなお店があります。脱毛は専門のお店だけではなく、大手のエステでも取り扱っていますが、何が違うのでしょうか。簡単にいえば、エステは美容関係すべてを扱っているお店です。脱毛もあれば、フェイシャルや痩身、リラクゼーションまで美容に関しての幅広い設備を用意しています。それに比べて脱毛専門のサロンは痩身やリラクゼーションを目的としてではなく脱毛のみを専門として扱っているお店となります。

料金の違い

大手のエステはさまざまなサービスを取り扱っているので一つ一つの料金設定を明確にしていないところも多く、実際にお店に行きカウンセリングしてからでないと金額が分からないなんてこともあります。金額も全体的に高く設定されているので通うとなると学生などの若者には厳しいかもしれません。それに比べて脱毛サロンはメニュー表に金額表示がしっかりとされており、目で見て確認することができます。そして大手のエステとは違い、料金が比較的に安く設定されています。あまり勧誘もなく比較的に通いやすいところがメリットとなっています。

メニューの種類も多い

大手のエステでは痩身、リラクゼーションなど脱毛以外のメニューをそろえていますが、融通のきかないケアをされることもあります。脱毛に特化していなければ、自分の肌質に合ったケアがしてもらえなかったり毛質に合わせた施術内容もしてもらえないことがあります。施術ができる部位も専門サロンなら細かな部位までできます。たとえば、デリケートゾーンならVライン、Iライン、Oラインといった自分に合った毛質から選べるのが特徴です。

目的に応じたサロンに通う

脱毛を考えている方は、たくさんあるエステや脱毛サロンの中から自分の目的に合ったお店を探すことが大切です。脱毛以外にも美容やリラクゼーションも行いたい場合は大手のエステへ通うこともいいですが、脱毛のみをお考えの方は脱毛に特化した専門のサロンを選ぶことをお勧めします。

このページの先頭へ戻る