女性の身だしなみの不文律となった脱毛処理

脱毛は女性の身だしなみ

少なくとも日本という社会において、ムダ毛処理というのは暗黙の了解事項となっているというのが現実なのかも知れません。例えば女性がムダ毛を処理しないまま、職場に来て一緒に仕事を進める事を考えると、男性でも女性でも良い気持ちはしないでしょう。

営業職とムダ毛処理について

もし上司が女性であった場合個別の部屋に呼ばれたりして、脱毛サロンに行くか自力で脱毛する等の方法で対応する様に注意されるかも知れません。何故なら特に営業職等で顧客に頻繁に会う場合に担当者が男性であったとしても、ムダ毛処理をしていないという理由だけでは影響は無いかも知れません。しかし他社とのコンペになる等の微妙な場合でかつ、担当者の判断で契約が決まるという場面、ムダ毛処理を怠った女性が在籍する企業が良い評価をされるのは困難を極めるでしょう。例えば、対抗馬となる他社の担当が全身脱毛をしている女性であれば、綺麗なとか美しいというポジティブな印象を受けて、どうしてもそちらに傾きがちになるのは人情というものです。

地道にカミソリを使用する手もあるが場合によっては限界もある

プライベートでも恋愛や結婚といった場合に、プラス思考をアピールしたいなら、何らかの方法で脱毛をする必要があるでしょう。手段の一つとして最初に頭に浮かぶ事かも知れませんが、カミソリとシェービングクリームを購入して地道に、そして丁寧に行うという方法があります。カミソリが安全カミソリでシェービングクリームを塗ったとしても、ムダ毛と一緒に皮膚の一部を削る事になるので十分に注意が必要です。また、仕事が忙しくて帰宅するのは深夜近くというのであれば、ちょくちょくムダ毛処理をするよりも睡眠時間にあてたいと考えるのは無理からぬ事です。

脱毛サロンも悪くないが効果を

ここは、脱毛を行うプロフェッショナルがいる脱毛サロンを利用する方法と、医療脱毛の2つの方法の何れかの方法を採るのが賢明かも知れません。女性であれば前者が頭に浮かぶかも知れませんが、後者の方が前者と比較すれば早く脱毛効果が現れるというメリットがあります。但し痛みがやや強いのでどうしても耐えられないという人は、脱毛サロンを選ぶのが良いかも知れません。それは、後者の場合に施術をするのは医師免許を持つので、施術する脱毛マシンの出力を上げる事が許されているからです。また、万が一の事が起きた場合のバックアップも期待出来ますから、利用してみる価値はあるでしょう。

このページの先頭へ戻る